コンセプトコンセプト

小さな森がつながって、豊かな未来が育ちます。

小さな森が連なる自然豊かな田園風景の中で、明るく澄みわたるひろびろとした空の下で、
子どもはのびのび大きくなり、おとなはゆっくり日々を重ねる。
そんな発想から生まれたこのまちに、私たちが思いを込めてつけた名前。それは、「森こまち」。
太陽と緑にいろどられ、住むひとみんなに愛されて、どこにもないような個性豊かなまちが、未来が育っていくことを願っています。

アネシスとみやき町の連携による優良田園住宅街区「森こまち」。

まちの景観をつくる「優良田園住宅」。※1

優良田園住宅は、自然に恵まれたゆとりと潤いのある田園への住宅建設をめざして平成10年から施行されている「優良田園住宅の建設の促進に関する法律」に基づく事業。子育て世代や、ライフスタイルにこだわりのある人、充実のセカンドライフをめざしている人などを中心に注目を集めています。みやき町は、この事業を平成26年から佐賀県内で初めて推進。アネシスでは、その取り組みに共感し、みやき町だからこそできる優良田園住宅街区「森こまち」を育むことで、豊かな田園風景を生かした景観づくりにつなげたいと考えています。

  • ※1 農山村地域、都市の近郊その他良好な自然的環境を形成している地域に所在し、「敷地面積300㎡以上」「建ぺい率30%以下」「容積率50%以下」「3階建て以下」という基準を満たす一戸建て住宅のこと。

広々とした空と緑と開放感に包まれた「100坪の敷地」。

「どんなデザインの家が建てたい?」「どんな暮らしを楽しもうか」。住むひとの夢を無限大に広げてくれる“100坪”というスケール感。なかでも、子育てファミリーにとって、これまでにない空と緑と開放感に包まれたわが家は、のびのび子育てが実現できる絶好のステージです。

自然光&ライティングの調和。

昼間はたっぷりの自然光がおだやかに降り注ぐ「森こまち」。日が落ちる頃になると、フットライトが街区全体を浮き立たせるようにライトアップ。1日を通して明るく安心感に満ちた空間を演出します。

「森こまち」ならではのパッシブデザイン。

自然のチカラを暮らしに上手に取り入れることで、ひとにも環境にもやさしく快適な住環境をつくるパッシブデザイン。「森こまち」では、たとえば大きな窓のそばに落葉樹を植栽。こうすれば葉が茂る夏は日光を遮り、秋からは葉が落ちるので陽射しの温もりを楽しむことができる、といった工夫を施します。

ふれあいと開放感を重視した外構プラン

宅地や道路との境界は、オープン外構が基本。また、フェンスではなく生け垣を採用し、小さな森のような佇まいでありながら、田園風景のなかの開放感を生かしたふれあい豊かな住空間に整えます。

※掲載の写真は当社施工例です。

住み心地とプライバシーへの配慮も万全。

陽当たりや風通しに加え、開口部の位置や素材なども工夫するなど、“目線”にまでしっかり配慮して建物を配置。住むひとが安心して、気持ちよく暮らせるプランニングを行います。

全戸にシンボルツリーとして、オリーブの木を植樹。

家々の敷地には、みやき町が特産として推奨するオリーブをシンボルツリーとして植樹。銀色がかった緑の葉は、陽射しを受けることで爽やかな印象を漂わせます。古くからヨーロッパ地中海沿岸を中心に平和のシンボルとしても愛されてきたその樹は、すくすくと成長を重ねながら、住むひとの未来をやさしく見守ってくれることでしょう。

  • ※掲載のCGは図面を基に描き起こしたもので実際と異なる場合がございます。

お問い合わせ

株式会社アネシス 久留米営業所

株式会社アネシス 久留米営業所

お問い合わせ

株式会社アネシス 久留米営業所

株式会社アネシス 久留米営業所

株式会社アネシス 久留米営業所